長崎・平戸のカクレ切支丹関連遺跡とかがリアルバズってる、っていう状態になる前に行ってきたので。

長崎は修学旅行で行きました(可愛いかった頃)。なので今回は

 遣唐使の時代から異国への窓口だった平戸へ。

 

なにせかの有名な弘法大師が唐の国へ命がけで出かけたのもこの平戸から。

おおっしゃ!と力が入ります。

と言っても

実は四か月くらい前なので、一部記憶があいまいです(m´・ω・`)m ゴメン…。

 

 

 

まず新幹線で博多から佐世保まで、

そして『松浦鉄道』というローカルな私鉄に乗り替えて『たびら平戸口』まで。

 (海沿いの唐津の方を通るルートもあり。私は帰りに唐津へ。)

f:id:nekoseijin:20181003220206p:plain

 佐世保からバスで平戸島まで渡るのもあるけど、平戸島の中はバスが少ないので、

たびら平戸口でレンタカーを借りるのがおススメ。

 

西マイカーセンターというお店に電話すると、たびら平戸口駅まで迎えに来てくれるんです(本当)。おねえさん、ありがとう。

 

で、たびら平戸口では必ず食べるのが・・・、ああっ、名前忘れた!

 

中身を言うと、お刺身を乗せ放題の丼!!

も一回言うよ、活きのいいお刺身を乗せ放題の丼!!

f:id:nekoseijin:20181005134512p:plain

写真撮ったはずなんだけど、見つからないのでネット画像デス。

でもこの写真以上にド迫力。

 

 も~~、こんなにお刺身食べた事ないって程、食べられる。

ハマチとか、ん~~と色々あって、味噌汁とサラダ付き。確か千円くらい。

f:id:nekoseijin:20181005134909p:plain

平戸大橋の入り口にある海産物センターの前の建物です。

思い出した、『勝手丼』って言うんだった。

大きめの丼からこぼれる程乗せちゃった(*´▽`*)

お店の方、ごめんね(*_*;

 

 

そこでお腹いっぱい食べたら、橋を渡る。

天気がよければこれが絶景!!(写真が下手でゴメンナサイ。)

 

 

f:id:nekoseijin:20181003224203j:plain

 

 

とっても海がきれいです。橋を渡った所に公園があるので、橋の途中で焦らなくても大丈夫(苦笑)。

この辺で既にハイテンション!異国ろ~~まん~~♡

 

平戸城から松浦記念館へ。

 

 

f:id:nekoseijin:20181005140452j:plain

 

 

 

平戸のお殿様は松浦水軍で有名な松浦氏。

三代目くらいまではキリシタンだったと言われているけど、幕府の

禁令が厳しくなったので棄教して、四代目は完全に仏教徒だったようです。

 

 

その松浦家ゆかりの品々のある松浦資料館。

f:id:nekoseijin:20181005141325p:plain

 行ってみると感じるのが、これは中々貴重だって感じ。

っていうか、さすがにこの西の果てまでは幕府の手も十分には伸びていない・・・?

 

この時代だと、『いいのかな、これ。マズくなかったのか?』って思うような、

異国趣味の物とか異国の資料とかがしっかり残ってます。

ちょっとΣ(゚Д゚)。

 

 

 

 

 

お殿様のお茶の流派がちんしん流というらしく、お抹茶頂けます(美味)。

松浦鎮信というお殿様の起こしたお茶道とか。

ああ、スマホの写真が出て来ない・・・(´;ω;`)カナシイ

 

 

 

 

 お泊りは絶対おススメなのが

旗松亭(きしょうてい)という老舗ホテル

 

由緒ある平戸の街の中でも由緒あるホテルみたい。

皇室ご用達だそうで、宮様方のお写真が飾ってある。別に有難くは思わないけど、

スタッフの接客態度が優秀だと言う判断にはなるでしょう。実際、

すんごく感じがいい接客!

お値段リーズナブル!!感激!!

洋室は全室禁煙とかで、とってもきれいなお部屋でした。

 

このホテル、展望浴場が素晴らしい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

360度パノラマビューで平戸の街と平戸の海が見渡せるんです!

 

大満足の旗松亭。

 

 

 

 

 

 

 なんか、すっかり旅行ガイドみたいになっちゃったけど、

本気で気に入った平戸旅行、次回も続きます。

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ