ナチスの人体実験を指揮した『メンゲレ、二度目の人生を異世界で再び殺戮三昧』・・・が発売禁止!?

 

f:id:nekoseijin:20180606133425p:plain

この写真はナチス強制収容所でごみのように捨てられた犠牲者たち。

 

もしドイツでメンゲレとかアイヒマンとかが生き返るアニメが出来て、

それがあの大量殺戮を肯定する者だったら・・・?

 

そして復活後もさらに残酷な殺戮を繰り返して行くとしたら?

 

幼児を二人縫い合わせるとか、

生きたまま内臓を繰り出すとか・・・。

 

ドイツ人はどんな反応をするんだろう?

 

考えるまでもない、フルボッコだ!

大騒ぎになって発売中止、どころか禁固刑になるかもしれない。

たしかドイツにはそんな法律があったはず。

 

 

ところが日本では

『二度目の人生を異世界で』

なるネトウヨアニメがテレビ化されるらしい。

 

vergil.hateblo.jp

 

 

すでにネット上、ツイッターでは大炎上していて、

作者は以前のネトウヨ発言を全部撤回して謝罪した。

でもそんな事で片付く問題じゃない。

 

このニュースを聞いた時には目の前が真っ暗になった。

これが今の日本人の倫理観か・・・?

 

 

声優さんたちがぞくぞく降板しているからほっとしたけど。

 

そもそもこの作品を出版する会社の人間の心が信じられない。

大量殺戮、ジェノサイドをただのお遊びとしてしか考えてないんだ。

ホビージャパン』なる会社。

 

ホビーが全て、なんだそうだ。

そのうち、今回のタイトルのような作品を平気で出すかも知れない。

 

 

昨年ヒットしたドイツ映画、『帰って来たヒットラー』。

 

www.youtube.com

 

戦争や殺戮に対して現実感を失った人々、現代の社会への不満がたまっている人々。

そんなところへヒットラーが生き返って来て、面白がられてスターになってしまう、

というコメディ。

とっても面白かった、笑い転げて考えさせられた。

 

 

日本の若者が単なるバカ者でない事を祈り、『二度目の人生を異世界で』の

アニメと出版社に抗議してます。

  

【新品】【本】劇画ヒットラー 水木しげる/著

 


人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ