「お代官様、おら、何も悪い事してねぇですだ!」”就職時の身元保証人”という連座制の名残。

 

f:id:nekoseijin:20180516000820p:plain

 

 

 

 

 

 

やっぱり貧乏というのは個人だけの問題じゃなくて、

どうやっても社会の仕組みと密接に関わるとつくづく思う。 

 

例えば身元保証人。

 

 

新しい仕事を探す時にいつも心配になるのが、

身元保証人』という提出書類なんだよね・・・(*´Д`)

 

『猫星人がこの度御社に勤務するにあたって、

御社に損害を与えた場合、または御社の名誉を著しく棄損した場合は、

その損害について~~~~~保証するものとします・・・。

           氏名 ○○ ××    印      』

 

 

とか、何とか。

 

これ、どう思う??

 

 

損害を与えた場合って言うと、お店の金を盗んだとか、

取引先の詐欺を見抜けず会社に損害を与えた場合とか??

 

で、法律はどうなってんのかと思って、『身元保証法』なる物を見てみた。

 

第1条(目的及び定義)
②本法において身元保証契約とは、引受、保証その他名称の如何を問わず被用者の行為により使用者が受けた損害を賠償することを約定する契約をいう。

 

・・・・・

 

 

 

 

 

信じられる??

 

 

他の人がやった事を賠償するんだとよ!!

(他人とは限らない、親族の場合ももちろんあるけど、

自分以外の人である。)

関係ない人に責任を負わせる連座制度。

 

 

大体、その人が会社に損害を与えたというはっきりとした立証ができるのか?

例えば店のお金が無くなったとして、

その時の当番だった人が一番に疑われる。

 

色々調べてもはっきりとしない場合、

きちんと管理してなかったという事でその当番の人が責任を負わされるのか?

で、払えなかったら保証人の出番??

 

 

それとも、はっきりとそいつが盗んだと分かった場合、

その盗んだ金を損害賠償するわけ?

他人はもちろん身内であっても、その心の中まではわからない。

 

こんな判例もあるそうな、

Aという社員がパソコンの扱いをミスって大事なデータが失われた。

その会社は保険をかけていなかった、だから使用者責任も考慮して

半分くらいを身元保証人に請求できる、と。((?_?))

理解不能なんですが・・・。

 

 

 

その行為に何の責任も無い人が、

損害を補償する・・!?

 

この考え方自体が理解できない

 ましてや会社によっては名誉棄損まで損害の内に含めている。

バッカじゃないの!?

 

責任の無い人に責任を負わせるという

何とも理不尽な制度。

 

だから親とか兄弟を失くした人、疎遠になってる人(猫星人も)は

身元保証人なんて中々探せないし、

いるとしても頼みたくないじゃない?

頼まれた方だって困るよ。

 

第一、保証人が保証したら何もかも信用できるわけ?

その保証人が信用できない奴って事はアリ?

会社はそんな事は考えないのか、

とにかく旧来の社会常識にどっぷりと染まっている人がいいんだろう。

自分達もそうだから。

 

採用する時には保証人の有無がその応募者の人格を現すと?

村社会にしっかりと従っているかどうか、と。

 

 

 

 

将来起きるかっも知れない損害なんて、誰が分かるんだよ、

そんなの会社の管理責任だろっ!

しかも過失で生じた損害まで!?

儲けた時は会社の利益で、損をしたら社員の責任かい!?

 

保険会社で保険をかけろよっ!!

 

 

アパートを借りる時は最近はあまり保証人を必要としなくなったけど、

以前探していた時に、不動産屋のおばさんから、

「保証人もいないって、あんた一体どういう人生送ってるの?」

と言われた事がある。

すんごい侮辱だ!激烈に腹が立った。

でもまあ怒らなかった。別に普通に生きてますが。

「おら、何にも悪い事はしてねぇですだよ。」

 

ところが何と私が住んでいる町の公営住宅には保証人が必要なんだとさ((?_?))

 

これはたぶん、日本の社会の中でおとなしく決まりや習慣に従って生きてれば、

アパートの保証人くらい、誰でもなってくれるでしょって事?

 

そう?あなたはなりたい?保証人。

自分は嫌なのに人に頼みたい?

 

 

日本では借金する時にも連帯保証人と言うのが必要になる。

 それでその借主が事業で失敗したら、保証人に請求する。

借金を肩代わりさせるわけ。

 

なんか、おかしくない??

 

他人のした失敗や罪を一緒に償わせる制度。

日本独特のモノなんだってね。

何故こんな事が出来るかというと、

日本では生まれた土地や人間関係による拘束が伝統だから。

典型的な村社会的発想なんだよ。

『連帯責任』ってやつ。

 

 

大昔にあったよね、五人組とか寺請け制度とか。

つまりこれは共同体の中でその決まりに従わない人の親族や雇い主を

一緒に処罰する連座、縁座制。

 

寺の宗門人別改め帳にその人の宗派と居住地とかを記載して、

全員、寺の門徒にする。元々は宗教規制の為に作ったものだろうけど、

飢饉があって食ってけなくなり夜逃げしたりすると、この改め帳面から

除外され、いわゆる無宿ものになるわけ。

その時に五人組の人達も連帯責任を問われる。

だから相互に監視して、誰かが仲間に迷惑をかけないように見張る。

 

五人組お仕置き帳  ☟

 

山梨県歴史講座 江戸幕府 五人組御仕置帳(享保10年)『武川村誌』掲載

 

 五軒ずつ組合い、子供並びに下人・たな貸し・借地の者に至るまで、悪事仕らざる様に組中油断なく愈議せしむべし。

つまりお互い見張ってろよ、って事

 

『家業を第一にすべし』

『百姓はいい着物を着てはいかん』

 『~~の人は家に泊めちゃいけない』

『馬は~~の扱いをしなくちゃいけない』・・・

 

で、『これに反する者がいたら、訴えなさい』とさ((?_?))

 

この感覚は江戸時代以降もずっと続いている。

いわゆる『村八分』ってやり方。

 

社会のしきたりに従わない奴は皆で懲らしめろってか??

これが現在まで続くいじめの元凶であることはいろんな人が指摘している通り。

 

クラスの中で人と違う事をすると『シカト』されたり・・・(; ・`д・´)

だから『みんなに合わせる』ってのが大事だって教えられる。

 

協調性はね、良い事だよ、別に。

でも個人の個性や自尊心がしっかりあってこそ役に立つものじゃない?

自分を持たない、自分で考えない、周りに合わせていればいい、

だから何でもお上の言う通り。

それではいつまでたっても江戸時代だ。

 

いや、もっと悪い事にこれがおかしいとはあまり気づいてない。

 

保証人取るのが当たり前だと思ってるから、保証人がいない人は

泣く泣く仕事を諦める・・・(*´Д`)

そういう人が増えてると思う。

なんで保証人の為に仕事を諦めるわけ?

 

 

保証人制度はおかしい!!

 

旧態依然の連座制度に疑問を持たない方がおかしい!!

 

保証人の為に嫌な村社会に留まるか?

個人の自由な考え方よりも、地縁血縁を大事にするか?

日本人は自分で自分を社会の奴隷にしている。

お互いの奴隷。みんな奴隷でみんなおんなじだと嬉しいのか?

 

 

 

保証人制度撤廃せよ!!!!!!!! 

 

 

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ

 

 


人気ブログランキング