核戦争時の避難マニュアルありますか・・・?日本人を愚かにするのは誰なのか?

 

f:id:nekoseijin:20180503172623p:plain

 

 

 

 

ゴールデンウィークなんでいくつか映画を見てみた。

もちろんdvdでしかも図書館から借りたんだけどね。

 

まず、見たかったのに見れなかった作品。

 

「風がふく時」

 

www.youtube.com

 

 

 図書館にもなかったし、アマゾンではベリー高い。買えないww

 

で、デヴィッドボウイの歌が印象的なこの映画、

何の映画かと言うと、

普通の平凡な夫婦が暮らしている国で

核戦争が起き、核爆弾が飛んでくる。

その時に夫婦は政府の言う通りに

扉を斜めに立てかけたり(爆風を防ぐため?)

窓を白く塗ったりする(放射能を防ぐ為?)。

 

この映画が確か1982くらいのイギリス映画なんだけど、

30年以上たった

2018年の現在日本でも同じ事が起きている。

北朝鮮のミサイルに備えての避難訓練ってやつ。

やってる人ののん気さが信じられない。☟

f:id:nekoseijin:20180503213912p:plain

 

ミサイルを想定しての避難訓練画像がお笑いすぎる。見事な竹槍の世界(まるこ姫の独り言) かさっこ地蔵

 

 誰もバカバカしいとは言わなかったのかな?

 お人好しもここまで来ると惨めでしかない。

 

 

 

 

 キューポラのある街

 

 今日のトップに挙げた画像。

かの有名な吉永小百合さんの出世作と言う事で見てみた。

 

小百合さんの人気の秘密はこの幼い少女の中にある芯の強さかもしれない。

 

下のシーンは工場が合併か何かで首になるという時に

工員が社長に食って掛かるシーン。☟

 

f:id:nekoseijin:20180503173246p:plain

 

 

 

 

小百合ちゃんは言うんだ、

組合活動に参加しないって飲んだくれてる父親に。

 

「お前、朝鮮と付き合ってんのか!?」

小百合ちゃん

「朝鮮と付き合って何が悪いの?お父ちゃんは間違ってる!!」

「親に逆らうのか!」

 

って感じ。

 

うん、この時の小百合ちゃん、とてもキレイだ!!

 

毅然として品がある。

気が強いとかじゃなくて、愛らしくって凛としてる。

これはカワイイかも・・・。

 

 

 

 

 

 

小百合ちゃんと言えば、

母べえ

 

f:id:nekoseijin:20180503215247p:plain

 

は以前に見た。

 

びっくりしたのは60を越してるはずの小百合ちゃんが

30代にしか見えないって事(スゴ・・・)

 

で、学者である夫が思想犯として特高に捕えられる、

その後の家族の心の動きとかが描かれている。

 

この映画では特高は怖い・・・、ものすごく恐ろしい・・・!

 

昔、ばあちゃんが

「戦時中はの、何かうっかりものを言ったら、

特高が来ての、捕まえて行ったんじゃ。

そしたら2度と帰って来んかった。何でもない事でも

特高憲兵に睨まれたらおしまいじゃった。」

 

って話してたんだけど、全く想像を絶する恐ろしさだったんだろうね。

小百合ちゃんはこの時代の雰囲気をとてもよく出してると思う。

この世界の片隅に」なんかくそくらえ!だね。

 

 

 

 もう一つ、これは映画じゃないんだけど、

 

三島由紀夫 講演会 」

(CD 1969 ○○大学講堂)

 

ってのが、図書館にあった。

 

死ぬ一年くらい前の録音。

で、なんとなく聞いてみたら、これが前回の記事の

「インテリが右翼になって行く原因は?」という疑問の

答えの一つになってる気がするんです・・・。

 

全ての右翼者に当てはまるとは言わないけど、

三島が盾の会を作ってあんな死に方をした、右翼への道すじが感じられる。

 

 実は全部聞くことはできなかった。

だってなんか、洗脳されてしまいそうだから。

 

聞いてるとだんだんこの人の考えが正しいと思えてくるんだよね。

 

難しい言葉と論理で

この人は自分自身を洗脳してしまったんじゃなかろうか??

 

例として・・・、

 

 

 

ってゴメンナサイ m ( _ _ ) m  

内容を具体的に覚えていません。

頭が痛くなりそうだったから覚えなかった。

覚えたら洗脳されそう・・・。

頭が良すぎるのも考えものだね、

下手に理屈をこね回すよりストレートに考えよう。

 

 

 

戦争 イヤ!!なんだよ!!

 

被害を被るのは私達なんだぞ!!

 

三島由紀夫ノーベル文学賞取れなかったからストレスたまってたんじゃないの?

誰が考えても川端より三島でしょって、皆わかってるんだから

あっさりあきらめて、次を狙ったらよかったのに・・・(*´Д`モッタイナイ)

 

 

 

で、今回のタイトル「だれが日本人をおろかにしているのか」なんだけど、

 

結局、自分自身じゃないのか?って話。

日本人はことなかれ主義。

問題をあからさまにするよりも、うやむやにして何もなかった事にする。

 

はっきりと解決してないから後で又問題になったりする。

せっかく世界一啓蒙的な憲法を持っても、

それがどう自分達を守ってくれたかを考えない。

 

考えるって事が苦手なのか、

このくらいは考えようよねぇ・・・。

 

 

終戦後に昭和天皇を裁判にかけるべきだったと私は思う。

 

はっきりさせるべきだったんだよ。

 

事件が起きてスグにじゃないと、皆の記憶も薄らいで何が起きたのか忘れる。

 

誰が何を命じたのか、それによって何が起きたのか?

 

はっきりとさせとくべきだったし、今だってそう。

 

うやむやにしてごまかしてる体質だから、

物事の本質を見たくない人達だから、日本人は。

 

だからこんなバカげた事を平気でやってしまうんだね。

f:id:nekoseijin:20180503213912p:plain

 

 

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ


人気ブログランキング

 

 

 

ハイディスク 録画用 DVD-R 16倍速対応 ワイド印刷対応 HDDR12JCP50(50枚入)【ハイディスク(HI DISC)】

価格:1,080円
(2018/5/3 22:40時点)